一歩踏み出せばあなたは生まれ変われる
美容整形で「キレイになりたい」を叶える

女性が年齢に関わらず、美しくなりたいという気持ちになるのは当然ですし、美容整形はその願いに応える医療です。

特に最近の美容整形外科の医療の技術の発展は目覚ましく、新しい技術がどんどん開発されています。

ただし、美容整形は魔法ではありませんので、一瞬のうちにシンデレラのようになれるわけではありません。

できれば事前にどんな方法があるのか、その方法のメリットとデメリットなどを調べてみることをおすすめします。

このブログでは、フェイス、ボディーの美容外科から、アンチエイジング、医療レーザー脱毛まで、美容外科の最新メニューを紹介していきます。

気になるところを気付かれずに変えて生まれ変わりましょう。貧乳、一重、剛毛、デブなど・・・。人から言われることはもうありません。

2012年10月14日

強烈なニオイが軽減!!(その3)

最近では、剪除法以外に吸引法もあります。

わきの下を数ミリほど切開し、カニューレを挿入し、脂肪吸引と同様にポンプでアポクリン汗腺を削り取る方法です。

傷跡が小さく、出血が少なく、回復が早いことがメリットですが、取り残し部分が多くなりがちで、3カ月以上経つとアポクリン汗腺の再生が見られるケースが多いようです。

現在のところ、剪除法が一番効果的だと思いますが、剪除法もまたオールマイティではありません。

吸引法ほどではないのですが、アポクリン汗腺を全て取り去ることはできません。

アポクリン汗腺はわきの下に集中していますが、その周辺にも散在しています。

全てを取ろうとすれば、かなり広範囲に切開しなければならず、傷跡が目立つ結果になります。

集中しているわきの下を切開して剪除すれば、7〜8割のアポクリン汗腺は取れます。

わきがをゼロにすることはできませんが、かなり軽減することは確かです。

小さな傷で7〜8割の匂いがなくなる結果は、今のところベストではないかと思います。

わきが手術のメリッ、トデメリットを確認してみましょう。

わきがが確実にかなりの程度軽減されること。

デメリットは、小さいけれど、傷跡がのこと。術後1週間程度固定する必要があることなどです。
posted by 田中 at 11:05 | Comment(0) | ボディー″の美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。